statement / 越田博文 Hirofumi Koshida art works

 眺望をつむぐ

描くことは、出現してくるイメージを確定せずに逃れる時間である。
イメージを解体し更新するために、色面の「刈り込み」あるいは「拡散・膨張」を重ね、図と地を織り込む。
そうして出現する空間へ線を走らせ、意識が追いつく前に楔を打ち眺望をつむいでいく。